流産・死産の経験者ヒアリング

流産や死産の経験者で、誰かに話を聞いて欲しいけれど話せる相手のいない方、同じく経験者のふわりに気持ちを吐き出してみませんか?

流産や死産は、まだ子供が生まれてくる前のことなので、世間では軽く見られがちです。

でも、どんなに週数が早い段階の流産であったとしても、戸籍に載せることができなかったとしても、それはなにものにも代えがたい、かけがえのない命。
母親にとってはこの上なくつらいものです。

だって、当たり前ですよね? 女は、妊娠を自覚したその瞬間から「母親」になるのですから。

お腹の中に宿った我が子との将来を夢見て、期待に胸を膨らませたあとに突きつけられる地獄のような現実。

つらくないわけがないのです。

どうぞ、自分の心に蓋をしないでください。前を向けるようになるために、まずはきちんと悲しんでください。

まずは自分のつらさや悲しみを自分自身が自覚すること、すべてはそこからです。

心当たりのある方、一度ふわりに会いに来てみませんか。


例えば、こんな方…

  • 家族や友達には自分の本音をうまく吐き出せない。
  • 周囲に同じ経験をした人がいないので遠慮してしまって話せない。
  • 周囲に自分の想いやつらさを理解してくれそうな人がいない。
  • 周囲に心配かけたくなくてついつい元気な振りをしてしまう。
  • 週数が早かった、または、他にも子供がいる為にいつまでも悲しんでいることに罪悪感を覚える。


プロフィールに記載した通り、ふわりは死産・完全流産・繋留流産・子宮外妊娠を経験しています。

同じ経験者としてふわりの話を聞きたいという方も、ぜひご連絡ください。お話しできることはすべてお話しさせていただきます。(冷やかしはやめてくださいね)
ふわりのブログでもアメンバー限定記事ですが、経験談を載せています。気になる方は、アメンバー登録のうえ、読んでみてくださいね。